安全に対する取り組み

運輸の安全に関する基本方針<安全マネジメント>

  1. 法令などの遵守及び運輸の安全確保を最重要と認識し、その実現のために組織・管理体制を構築し計画・目標策定し積極的に取り込む。
  2. 全社員に安全確保が最重要であるという意識を徹底し、絶えず現行の安全対策の見直しと改善をし安全性の向上と事故撲滅に努める。

運輸の安全に関する目標の設定(平成28年度)

期間:平成28年4月1日~平成29年3月31日
  1. 無事故・無災害・NOトラブルの実現
    人身事故:0件 物損事故:0件
  2. 法令遵守

安全に関する教育と計画

  1. 交通事故撲滅に対する教育指導の徹底。
    ・新人教育にてトラックの基礎知識を教育する。
    ・新人教育については、初任診断及び社内研修を行う。
    ・運転以外の作業に意識を向けさせない為にキャビン内には必要以外の物は持ち込ませない。また、整理を徹底させる。
  2. 安全が最優先であることへの意識の徹底。
    ・安全最優先への説明と法令遵守の目的説明とその指導。
  3. デジタルタコグラフの活用。
    ・安全運転、燃費向上への取り組み。
    ・稼働時間の適正化。

運輸の安全に関する反省事項と改善方法

  1. 車両事故(人身事故)、交通違反等の事例経緯の分析を行い、今後の対策に取り組む。
  2. 事故に至った原因を分析し、事故事例と共に全員に告知する。
  3. 事故処理の経緯確認及び終了確認を行う。

自動車事故報告規則に規定する事故件数

平成19年度 0件
平成20年度 0件
平成21年度 0件
平成22年度 0件
平成23年度 0件
平成24年度 0件
平成25年度 0件
平成26年度 0件
平成27年度 0件




運送・輸送のことなどお気軽にお問い合わせください。大阪配送センター:072-636-7767/和歌山営業所:073-462-8123